« 重松 清 「とんび」 | Main | バッハ フルートソナタ ホ短調 BWV1034 »

September 02, 2013

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 op.73

Beethovenpc_guldaフリードリッヒ・グルダの独奏、ホルスト・シュタインの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。1970年の録音。最近は読書の合間にCDを聴くのでついご存知の曲ばかりになるけれど、名曲の名演奏を聴くのは文章を理解するうえでもいいものです(と、ほぼ言い訳)sweat01
この録音のときグルダは40歳、それまでのいわゆる大家に比べて充分にフレッシュな演奏は「皇帝」よりも「プリンス」といったほうがお似合いですnote
録音がそれほど多くないシュタインですが、どうやらウィーンフィルとの相性もすこぶる良いようで、チャーミングな音で当時まだ若手の部類に属していたグルダを上手くサポートしています。
豪壮さがウリみたいなこの曲の一番の魅力は何といっても2楽章で、神々しさが際立つこの作曲家の多くの2楽章の中でも最高のものでしょう。
ソナタ全集と共にリマスターされたためもあって、ベーゼンドルファーの美しい音色が格別に素晴らしいheart02
 
  


Img_0088m


|

« 重松 清 「とんび」 | Main | バッハ フルートソナタ ホ短調 BWV1034 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

narkejpさん
4番は以前から私のベストワンでしたが、全集を聴いてみてどれも素晴らしい演奏だと気づきました。
リマスターのおかげでピアノの美しさが際立ちます。

Posted by: よし | September 02, 2013 at 08:38 PM

これはいい演奏ですね!4番とともにホルスト=シュタインの立派なおでこを思い出しながら聴いております。グルダはそんなに若かったのですか。私も年を取ったわけですね~(^o^;)>poripori
1970年というと、大阪万博の年。うーむ、やっぱり昔だな~(^o^;)>poripori

Posted by: narkejp | September 02, 2013 at 06:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 重松 清 「とんび」 | Main | バッハ フルートソナタ ホ短調 BWV1034 »