« 手抜きですが・・・ | Main | 浅田次郎 「終わらざる夏」 »

August 18, 2013

 バッハ ブランデンブルク協奏曲 第4番ト調長 BWV1049

Bachbrバウムガルトナー、ルツェルン弦楽合奏団の演奏。ヨセフ・スークのヴァイオリンと2本のリコーダーの活躍が著しく、独特の雰囲気をかもし出している曲。私の大好物なので何度か登場したかもしれないけれどこの暑さの中でも心をいれて聴ける数少ない曲ですheart02
スイスのフランス語圏にあり、時計の製造業で有名なラ・ショー・ド・フォンで1978年5月に録音されたもので演奏はもちろん録音も文句なしのすばらしいCDですnote
 
 

 

  
 

 
大阪梅田を越えて伊丹空港に着陸する寸前の飛行機
見ていても乗っていてもスリリングな瞬間ですairplane
38階から撮影 クリック→大

   
Img_0889m

|

« 手抜きですが・・・ | Main | 浅田次郎 「終わらざる夏」 »

古楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 手抜きですが・・・ | Main | 浅田次郎 「終わらざる夏」 »