« さだまさし著 「眉山」 | Main | おチビちゃんズ »

July 19, 2013

バルトーク 「中国の不思議な役人」

Bartokアンタル・ドラティの指揮、デトロイト交響楽団の演奏。1983年11月の録音。多分2度目の登場。曲や演奏者に興味があったのは事実だけど、それ以上に録音がすばらしいという評判に惹かれたのが本音でしょう。1926年に初演されてすぐに上演禁止になったというのも、内容が当時としてはかなりきわどいので当然か。バルトークの音楽の中ではかなり表面的ではあっても、オーケストラがこれだけマッシブに鳴り響くさまは聴いていてそうとうな快感を覚えますnote
もちろん録音だけでなく個人的には超を付けたい一流指揮者ドラティが、アメリカの2番手クラスだったデトロイト饗を巧みに操ってすばらしい妙技を聴かせてくれのがうれしい。でも、その肝心のデトロイト市自体が破産したと言う報道を聞いてビックリimpact
大丈夫でしょうか。
CDプレーヤーを変えたら落ち着いた音になったけれど気のせいかなnotes


 
ハワイ、マウイ島のハレアカラ山頂上付近からの光景
標高3000メートル  クリック→大
  

  
Cimg6581m


  

|

« さだまさし著 「眉山」 | Main | おチビちゃんズ »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« さだまさし著 「眉山」 | Main | おチビちゃんズ »