« おもいでの生物実験 | Main | ミラーレス一眼 »

July 10, 2013

レスピーギ 「リュートのための古風な舞曲とアリア」

Respighi_ancient_airsネヴィル・マリナーの指揮、ロサンゼルス室内管弦楽団の演奏。1975年11月の録音。何度も登場している曲であり演奏だけど、これ私の無人島の1枚だからねheart02
マリナーの考えで第3組曲と第2組曲の順番をを入れ替えているため荘重なバッサカリアで終わったたあと第2組曲のひなびた「優雅なラウラ」が始まると一瞬気が抜けたようになるけれど、刷り込みなっている私にはその落差がとても好きnote
若いときは「シシリアーノ」を聴いて感傷的になったものですが、色彩豊かなオーケストレーションでは天才と言ってもいいレスピーギが17世紀前後のイタリア音楽を現代によみがえらせたような名曲をマリナーが折り目正しく精緻に演奏していて、この曲の模範的演奏です。

オーディオ好きな友人との話でCDプレーヤーで音が変わることに改めて意識を向け、持っていたSACDも聴けるマルチプレーヤーで聴いたらこれまでのざらつき感が無くなった感じですgood
だからこの道は怖いconfident
  


 
カサブランカをミラーレスカメラで試し撮り 

  
 
Img_0002m

|

« おもいでの生物実験 | Main | ミラーレス一眼 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« おもいでの生物実験 | Main | ミラーレス一眼 »