« R・シュトラウス 「アルプス交響曲」 | Main | 中ノ島のバラ »

July 02, 2013

バッハ ヴァイオリン協奏曲第2番 ホ長調 BWV1042

Harn_bachヒラリー・ハーンの独奏、ジェフリー・カハーンの指揮、ロスアンジェルス室内管弦楽団の演奏。2002年10月の録音。速いテンポで颯爽としたバッハ。貫禄のあるオールドの演奏を聴きなれた耳には違和感があるかもしれないけれど、この曲がそれほど好きでもなかった私にはすごく新鮮です。古色蒼然としたバッハではなく、新しい命を吹き込まれたようなフレッシュな演奏に拍手を送りますnote
実演を聴いたからかもしれないけれど、ハーンの演奏を聴くと大家といわれた人の甘いヴァイオリンの音色がちょっとしつこく感じるから不思議。でもベートーヴェンやブラームスといった主食のレパートリーはこれからでしょうね。
 
 

|

« R・シュトラウス 「アルプス交響曲」 | Main | 中ノ島のバラ »

古楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« R・シュトラウス 「アルプス交響曲」 | Main | 中ノ島のバラ »