« モーツァルト ピアノソナタ第10番 ハ長調 K.330 | Main | スメタナ 交響詩「モルダウ」 »

June 04, 2013

港町のアルバイト

学生アルバイトもいろいろありましたが、スポットで大きく稼げるのはやはりアウトドア系というか今で言うガテン系で、その中でも港町ならではのバイトが「ワッチマン」、要するに見張りです。
船は岸壁に停めている間はメチャ高い接岸料を払うので、貨物船は接岸するとすぐにクレーンで指定の荷物を下ろし、すぐに港の外へ出て停泊します。
この荷物を引き取りに来るまで徹夜で見張りをするのがワッチマンの仕事です。
当時で丸一日8000円くらいでしたから今なら2、3万でしょうか。
神戸はいい街ではありますが、特別な組織の方々も多いので夜は結構物騒ではあります。だから、応募に行くのは柔道部とか空手部とかの連中が多かったですねpunch

コンテナの時代になってからはこういった荷物番という光景は無くなりましたが、ワッチマン自体は港湾における船や倉庫の警備には欠かせない存在なので、どの港にもたくさんのワッチマン会社があります。
 
  

 

 
P1010129s_2

|

« モーツァルト ピアノソナタ第10番 ハ長調 K.330 | Main | スメタナ 交響詩「モルダウ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Namikoさん

ワッチマンは冬場など本当につらい仕事ですが、稼ぎがいいので朝早く港に行って並んでもアブレルことが多かったそうです。
ワッチマン業協会で検索するとすぐに出てきます。
私はあったかい室内のバイト専門でしたが女子高生を教えたのは半年だけですよ(汗)


Posted by: よし | June 04, 2013 at 03:04 PM

ワッチマン!!初めて聞く職名です。港町ならではですね。よし様もこのバイトの経験ありですか?
まさかですよね・・・(*^m^)女子の家庭教師ですもん。

Posted by: Namiko | June 04, 2013 at 12:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト ピアノソナタ第10番 ハ長調 K.330 | Main | スメタナ 交響詩「モルダウ」 »