« 村上春樹 「スプートニクの恋人」 | Main | バッハ リュート組曲第1番 ホ短調 BWV996 »

June 09, 2013

よく見るテレビドラマ

毎日見るのは、やはり「あまちゃん」
「カーネーション」以来、久々に面白い朝ドラですheart04
月曜日は「ガリレオ」、福山君が出るので奥さんがテレビの前から動きません(笑)
でも、福山君は俳優としても貫禄が出てきたし、他の出演者との凸凹バランスがなかなか面白い。突然、高価な家具などに数式を書きなぐるありえないパフォーマンスが最高good

火曜日は「鴨 京都へ行く」、財務省のキャリア官僚だった主人公(松下奈緒)が京都の老舗旅館の女将になるというドタバタに近いお話。
松下奈緒は川西市の生まれで京都弁も平気なはずなのにほとんど使わないのが意外だけど、何せ財務省出身だからこれもありか。それより仲居頭役のかたせ梨乃の使うクネクネした京都弁のイントネーションが気持ち悪すぎsad。京都の女性は言葉は柔らかいけれど結構てきぱきした物言いをするはずやけどねぇ。
実は、私がこのドラマを見る密かな楽しみは、松下奈緒がいつ鴨居に頭をぶつけるか、ですsweat02
  
 
 

 
 
写真が種切れなので何年か前の神戸の写真でごまかし
いずれもEOS クリック→大


神戸ハーバーランド

 
Img_0527m
   


 
向こうに見えるのは明石架橋大橋

   
Img_0546m

|

« 村上春樹 「スプートニクの恋人」 | Main | バッハ リュート組曲第1番 ホ短調 BWV996 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 村上春樹 「スプートニクの恋人」 | Main | バッハ リュート組曲第1番 ホ短調 BWV996 »