« ハイドン ピアノソナタ第52番 変ホ長調 op.82 | Main | モーツァルト ピアノソナタ第10番 ハ長調 K.330 »

June 02, 2013

神戸

神戸はいい街です。
若いときに暮らしたということで楽しい記憶が多いせいでしょうが、客観的に見ても暮らしやすい街だと思います。
まず、自然に恵まれていること。
坂の街なので六甲山を背にすると前には大阪湾が見える、とても開放的な自然環境で育ちました。
ちなみに六甲山系は武庫の山、大阪湾は茅渟(ちぬ)の海とも呼ばれそのどちらもが遊び場所でした。
そして、港町ということもあって外国人が多く、とても自由な気風なのも良かった。
バスに乗るとカナディアンスクールの子供たちが英語と日本語のちゃんぽんでしゃべるのがおかしい。
「おまえら・・どうのこうの、They ・・・なんだかんだ」
でも、バスの後ろを走る車の名前を言うときは完璧な発音です。
「Buebird !」「Skyline !」 うらやましいnote
夕方、近所の公園で小さな男の子が一人でいるのが心配になり、
「Where is your home?」 とか訊いたら
「ぼくんとこ、この近所やねん!」
余計な心配は無用でしたsweat01


何日か前の新聞に、学生時代を過ごした六甲が懐かしいという投稿があり、まったく同感だったので私も投稿してみました(笑)
  

 
6年前の阪急六甲の駅前
後ろは六甲山

 
 
 
P1010017s

|

« ハイドン ピアノソナタ第52番 変ホ長調 op.82 | Main | モーツァルト ピアノソナタ第10番 ハ長調 K.330 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

u子さん

子供は耳の感性がするどいのですが、すぐにその土地の言葉に対応できる子は音感もいいみたいですよ。

Posted by: よし | June 03, 2013 at 11:46 AM

よしさん

子供は言葉の習得が早いですね。関西に行くと、自然に関西弁になじむのですが、自宅(島根県)に帰ると、TVで関西弁のお笑いを見ても、コンパイラしてます。環境って「大事」です(笑)

Posted by: u子 | June 02, 2013 at 11:09 PM

バラードさん

神戸は洗練された田舎という感じですね。

>思いっきり関西弁でツッコミ入れてたのを思い出しました。
まさしく、そういう街です(笑)
言葉も大阪より少し柔らかいですしね。

さっき、首位にbaseballなりましたimpact
大和はよくやってるし今日は柴田君がお立ち台です。
ブダペストでも六甲おろしの大合唱が聞こえたと思います(笑)

Posted by: よし | June 02, 2013 at 06:13 PM

神戸大好きです♪
海も山も近くて、大阪ほど賑やかではないので落ち着きますね。

大昔、六甲駅周辺で可愛らしい外国人の男の子数名が英語で楽しそうに話しながら歩いていました。
一人が英語で何かジョークを言ったら、他の子が声を揃えて「そんなアホな~!」と思いっきり関西弁でツッコミ入れてたのを思い出しました。

Posted by: バラード | June 02, 2013 at 04:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハイドン ピアノソナタ第52番 変ホ長調 op.82 | Main | モーツァルト ピアノソナタ第10番 ハ長調 K.330 »