« 関西ローカルCM | Main | レイモンド・チャンドラー 『 ロング・グッドバイ 』 »

June 17, 2013

シューベルト ピアノソナタ第13番 イ長調 D.664

ウィリヘルム・ケンプの独奏で。1960年代中頃の録音だけどグラモフォンらしくとてもナチュラルな音。iTunesなのでジャケ写真は無し。
iTunesで買ったシューベルのピアノソナタ全集はパソコンではそれほど聴かなかったのに、iPodに入れてから毎日のように聴くほどはまってしまった。
後期の曲が有名だけど、初期から中期にかけての曲は若さゆえの素直さが良く出ていて、それをケンプが慈しむように弾いているのがとてもいい。

iPodに付属のイヤフォンは音のバランスがあまり良くないので手持ちの Sony に代えたら見事な音になりました。さすがですnote
 

 
昨日は、次男たちに回転寿司をご馳走になり、家に帰ったらおいしいビールも届いたというありがたい日を過ごせましたbeer
感謝です heart04
  

     奥さんは先週若いお友達(?)と宝塚へ
 
  

 
Img_0907s

|

« 関西ローカルCM | Main | レイモンド・チャンドラー 『 ロング・グッドバイ 』 »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 関西ローカルCM | Main | レイモンド・チャンドラー 『 ロング・グッドバイ 』 »