« カーネーション その後 | Main | モーツァルト セレナード 第9番 ニ長調 K.320「ポストホルン」 »

May 19, 2013

先生だったとき

学生時代、2年ほど家庭教師のアルバイトをしておりました。
今ほどバイトの種類も豊富ではなく、インドアのバイトといえば家庭教師が主流だったのと受験というより遅れている科目の補強が主目的ですから高校2年までならそれほど難しくもありません。
区切りがつくと口コミで次の生徒が見つかるというようなありがたい状態でしたが一度女子高の生徒を教えたことがあります。
当時は髪の毛も売りに出そうかというほどあったし目鼻も普通についていたので相手にもお母さんにも嫌がられずに初対面の日に無事入室OK house。でも、二人姉妹のお姉さんの部屋は全体がピンク色で奥におとぎの国のようななベッドはあるしでそのまま回れ右して帰ろうかと思いましたよdash
マナーとして二人っきりで教えている間は部屋の戸を少し開けておいたのですが、お母さんが飲み物などを持ってきて帰るときにぴしゃりと締めちゃいましたsweat01
当時は今ほど女子も強くはないのと一応「先生」なので真面目に勉強してくれてそれなりに成績も上がり無事進学出来てお役目終了good
ハイ、お仕事ですからお勉強以外は軽い冗談くらいで真面目に勤め上げましたよhappy01
私の出た高校は女生徒が半分はいたので相当免疫がついていたし。
「先生」と呼ばれたのはこのときだけですが、中国と仕事をしていた時向こうは目上の人にはメールの文面の最初に「○○先生(そんしぇ)」とつけるので、このときが人生2度目の先生なのかな(笑)


  
外を向いて咲く庭のバラ LX3で
洗濯物が映らないようにかなりトリミングしました。
クリック→大
 

   
 
P1020333m


 

|

« カーネーション その後 | Main | モーツァルト セレナード 第9番 ニ長調 K.320「ポストホルン」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カーネーション その後 | Main | モーツァルト セレナード 第9番 ニ長調 K.320「ポストホルン」 »