« モーツァルト セレナード 第9番 ニ長調 K.320「ポストホルン」 | Main | " MILESTONES " »

May 21, 2013

猫に好かれた話1

私は基本犬派ですが、学生のときは猫にも好かれましたcat
神戸の阪急沿線の2階建ての小さなマンションに住んでいたとき、私が帰る頃にはお2階で飼っていた猫が入り口近くで置物のように座っていて、そばを通るときに名前を呼ぶと「二ヤア」と大きな声で返事してくれるのです。昭和の猫は礼儀正しかったなぁheart04
私たちは1階に住んでいたのですが、この猫君夜遊びをして締め出しをくった時は夜中に私の部屋の窓を手で開けて入って来るのです。飼っていたお嬢さんの部屋が私の部屋の真上だったので入りやすかったのでしょう。昔の窓はアルミサッシではなく木枠だったので、身体の大きなこの猫なら爪を引っ掛けて開けられるのです。
でも、中に入ってくると寝ている私のおなかに上って丸くなって寝るのでその重いこと。「おい、下りてくれよ」とか言いながら私もそのまま寝てしまうと1時間ほどでまた起き上がり、私のおなかを踏みつけて降りると開け放しの窓からサッと出て行きます。
猫踏んじゃった、という歌がありますがこちらは猫に踏みつけられたうえ窓も開け放しで寒いしで本当に踏んだり蹴ったりでしたcoldsweats01
東京のR女学院から神戸の女子高に転校してきたという品の良い2階のお嬢さんとはときどき駅まで一緒でしたが、夜中に猫が遊びに来ることは内緒にしておきました(笑)
  

 
奥さんが買ってきたなでしこ
なでしこジャパンって本当にいい名ですが、人を殺す「侍」ジャパンという名は好きじゃないなあ。

KissX2は赤の再現性が悪いのが悩み。

 
 
Img_2855rs


  

|

« モーツァルト セレナード 第9番 ニ長調 K.320「ポストホルン」 | Main | " MILESTONES " »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

narkejpさん

猫は見慣れた場所では面白くないけれど、情景が変われば新鮮な気分になるのかもしれません。
夫婦もたまには外でばったり出会うほうが新鮮かも(笑)

Posted by: よし | May 23, 2013 at 09:10 AM

我が家のアホ猫は、家の中では呼んでも絶対に来ませんが、裏の果樹園では、しゃがんで呼ぶと、とっとこ走って来ます。不思議なものです。家の中ではちょいとひねくれているのでしょうか(^o^)/

Posted by: narkejp | May 22, 2013 at 09:39 PM

u子さん

窮鳥懐に入れば猟師もこれを撃たずでしたか。
学生のときは酔っ払って友人の下宿に転がり込むって日常茶飯事でしたが、男同士(オスネコでした)のなんとやらですね。

Posted by: よし | May 21, 2013 at 10:16 PM

二階の彼女にナイショ、というのがいいですねえ。

Posted by: u子 | May 21, 2013 at 08:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト セレナード 第9番 ニ長調 K.320「ポストホルン」 | Main | " MILESTONES " »