« シューベルト ピアノソナタ第17番 ニ長調 D850 | Main | ハイドン チェロ協奏曲第1番 ハ長調 op.100 »

May 16, 2013

ベートーヴェン ピアノ三重奏曲 変ロ長調 op.97 「大公」

スーク・トリオの演奏で。1960年頃の録音。あるけれどスキャンが面倒なのでジャケット写真は省略sweat01
CDの出始めに買ったけれど、本命は一緒に収められている「鱒」だったので自慢じゃないけれどほとんど聴かなかった。
ベトさん、ごめんね。
あやまるもうひとつの理由は、これむかーしLPでも持っていてやはり聴かなかったっからcoldsweats01
懺悔はこれくらいにして、聴かなかった大きな理由はこの曲がベトさんにしては相当丸くなっていること。それこそ題名の通り弟子であり友人でもありパトロンであったピアノの達者なルドルフ大公に奉げたものなので、あまり大暴れしないように抑えたためでしょう。もちろん円熟期を迎えたベートーヴェンの最高傑作のひとつでありますが、暖徐楽章で神の啓示を聴くような崇高さが聴けないことは少し残念かな。
といいながらもここ連日5、6回は聴いたので、もう頭の中に1楽章の開始のメロディーがインプットされてしまったのです。
恐るべし、ベートーヴェンimpact
懐かしいスーク・トリオの演奏はスークとフッフロ、パネンカの息がピタリと合った品のあるステキな演奏note
   

   
バラが次々咲くので記念撮影が忙しいcamera
EOS 40mm F2.8 1/60 クリック→大
   

Img_2841rm


  

|

« シューベルト ピアノソナタ第17番 ニ長調 D850 | Main | ハイドン チェロ協奏曲第1番 ハ長調 op.100 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シューベルト ピアノソナタ第17番 ニ長調 D850 | Main | ハイドン チェロ協奏曲第1番 ハ長調 op.100 »