« ブラームス 交響曲第1番 ハ短調 op.68 | Main | ちょっといいお話 »

April 26, 2013

「小澤征爾さんと音楽について話をする」

Ozawasan題名の通り村上春樹と小澤征爾との対談を村上さんがまとめた本。
最初の対談が小澤さんが手術をした年の2010年11月なので大丈夫かなと思っていたけれど、村上さんが小澤さんの興味を引きそうなレコードをかけて当時の思い出話などをうまく引き出しているので、とても楽しい対談になっています。また、小澤さんに無理が掛からないように日取りや場所も選び、途中の栄養補給なども考慮されているのは当然です。
この本で登場する主な曲は
ブラームスのピアノ協奏曲第1番:グールド&バーンスタイン
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番:グールド&バーンスタインとその他3種類
ブラームスの交響曲第1番
ベルリオーズの幻想交響曲
バルトークのピアノ協奏曲第1番
マーラーの交響曲第1番
まだまだありますが、バーンスタインとの解釈が違うまま録音されたグールドとのブラームスの協奏曲とかブラームスの1番の4楽章冒頭の有名なホルンのメロディーが2つのホルンで交代に吹かれることなど面白い話がもりだくさんです。
村上さんは手持ちのLPやDVDをかけて話を進めていったので、私も同じ演奏ではないにしてもあるものはLPで聴いて最近のブログのタネにしておりました。
村上さんの話の中で小説にも音楽同様リズム感が必要だ、とか小説を書くときのノウハウみたいなことまで書かれていてちょっともったいないほど。
小澤さんは安月給のアシスタント指揮者をしていたときもバイトをせず、ひたすら次の公演の曲を勉強していたので何度か振る機会が巡ってきて次第に信用と評価を勝ち得た、というお話はなるほどと思わせるもの。
村上さんが音楽の話をしても絶対に「ちがう」とは言わず必ず「そうね」と聞いてから自分の意見を述べるというのも素晴らしいマナーだなと思います。バーンスタイン、カラヤン、ミュンシュ、オーマンディ、そしてルビンシュタインまで大勢の名演奏家といわれる人々に愛された理由が良く分かった次第です。
とにかくこれくらい面白くためになった本も久しぶりでしたnote
   
 

 
ボタンのようなチューリップ
LX3で クリック→大

  
P1020279m

|

« ブラームス 交響曲第1番 ハ短調 op.68 | Main | ちょっといいお話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラームス 交響曲第1番 ハ短調 op.68 | Main | ちょっといいお話 »