« ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 op.37 | Main | ストラヴィンスキー 「春の祭典」 »

April 22, 2013

「富士子のかれいな一日」

NHK BSで「純と愛」スペシャルとして標題の放送がありましたが、正直言ってこれだけで「純と愛」のつまらなさが払拭されたとさえ思ったほど。とにかく、ホテルの主任(今は部長)である富士子役の吉田羊さんの演技だけで魅了されたといってもいいです。
何があっても微動だにしないクールな部長も中身は一人の女。
40歳を目前にして結婚できるかも、という期待が突然デレィフライトの客を大勢受け入れる騒動のため消えてしまったというちょっと残酷なお話。社長になる夢があってもやはり結婚したい、でもその前にリーダーとしての責任を果たす、というつらい選択をした彼女を吉田さんは見事に演じきっていましたnote
クールビューティな魅力でファンも多く、私も男に媚びないこういったタイプの女性は好きですが、何よりもその前にすばらしい演技が出来る女優だという評価をしたいと思います。
発声もろくに出来ない可愛子ちゃんタレントが演じるドラマなんかと違って、これだけひきつけられたのは尾野真千子が主演したあの「火の魚」以来始めて。これで「純と愛」でたまったガスが一気に抜けましたgood
    
 

    
 
こちらは庭の富士子いや藤子
クリック→大

 
P1020247m


|

« ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 op.37 | Main | ストラヴィンスキー 「春の祭典」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 op.37 | Main | ストラヴィンスキー 「春の祭典」 »