« モーツァルト 幻想曲 ニ短調 K.397 | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 op.37 »

April 20, 2013

ブラームス ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 op.15

P1020266s_2

エミール・ギレリスの独奏、ヨッフムの指揮、ベルリン・フィルハーモニーの演奏。1972年6月ベルリン、イエス・キリスト協会での録音。久しぶりにLPで。30数年前のレコードでジャケットは薄汚れているけれど盤面は新品のようにきれいでピチとも言わないgood。珍しい取り合わせだけど、ピアノ、指揮、オーケストラとこれだけ3拍子そろった演奏は珍しいのではないかと思うくらいnote。豪壮な開始も乱暴ではなく悠然とした趣があるし、豪腕などといわれたギレリスが実にしっとりとピアノを歌わせ、オケもベルリンフィルとは思えない柔らかくまろやかな音色を醸し出すので51分の間ブラームスの大作に酔いしれることが出来ます。
おそらくカラヤンとは違うヨッフムの率直で丹念な指揮がこういう素晴らしい結果を引き出したのでしょう。スーパーウルトラ級の名演。
危惧していたレコードの再生も文句無く、柔らかい音はCDでは聴けないものです。
  


 
庭に咲いたフリージャ いい香りです
  

  
P1020261m_2


|

« モーツァルト 幻想曲 ニ短調 K.397 | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 op.37 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト 幻想曲 ニ短調 K.397 | Main | ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 op.37 »