« 人文地理いろいろ | Main | 万博公園 花見 »

April 01, 2013

モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299

Mozart_harp_fluteウォルフガンク・シュルツのフルート、ニカノール・サバレタのハープ、カール・ベームの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏で。1975年5月の録音。3月28日に67歳で亡くなったシュルツさんの追悼曲。シュルツさんはこの録音のとき29歳ですでにウィーンフィルの首席奏者という俊英でした。日本にもお馴染みの方なので本当に残念。好きな演奏というより一緒に収められているクラリネット協奏曲ともども私にとって最高の演奏で、CDがまだ高かったときに真っ先に買った1枚note。ランパルのような華やかな音色ではなく地味なんだけど、ベームの指揮らしく落ち着いたオーケストラにすっぽり収まって実に折り目正しい演奏を聴かせてくれます。サバレタのハープはどちらかというとするどい音色だけどこちらもピシリとした佇まいが気持ちいいheart02
名曲の名演を聴いて改めてシュルツさんに感謝notes
    
     


Img_2554rm


|

« 人文地理いろいろ | Main | 万博公園 花見 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 人文地理いろいろ | Main | 万博公園 花見 »