« ミヨー バレエ音楽 「世界の創造」 op.81a | Main | モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299 »

March 31, 2013

人文地理いろいろ

高校では世界史と人文地理を習ったけれど、暗記が不得意だったので受験には人文地理を選びました。数字には弱いけれど地図は見ているだけでも楽しい。おかげで日本の各県の県庁所在地と各国の首都もまだ覚えています。まあ大人になれば常識なんですが。埼玉県には当時さいたま市が無く、浦和が県庁所在地だったし、スイスの首都はジュネーブではなくベルンだとかオーストラリアの首都はシドニーではなくキャンベラだとかアメリカもそうだけど政治の中心は文化・経済の中心地と異なる国が結構あります。
さて、雨で休み時間も教室にいると、まじめな我々受験生は地図を見ながらお勉強です。
「オランダにスケベニンゲンという街があるぞ!」
(正確な読みはスヘフェニンゲン)
「やらしい所やろなぁ」(近くにヌーディスト用のビーチがあります)
近くの女生徒が「あんたら何してんの?」と疑いの目を向けるけど何せお勉強だから必死です(笑)。
「オーストラリアの東にエロマンガ島があった!」
「その島の産業を述べよ」
「主に出版業です」
本当にアホな高校生でありました coldsweats01

今日はお天気が悪く今にも雨が降りそうrain

   
   
P1020129m


|

« ミヨー バレエ音楽 「世界の創造」 op.81a | Main | モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ミヨー バレエ音楽 「世界の創造」 op.81a | Main | モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299 »