« 宝塚 | Main | シリコン スティーマー大活躍 »

March 18, 2013

ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第6番 イ長調 op.30-1

Vn_mwグリュミオーの独奏、ハスキルのピアノで。1957年の録音。モノラルながらグリュミオーの美音とハスキルの軽快なタッチを見事に聴かせてくれます。演奏については、いまさら私があれこれ語る必要の無いものですが、とっつきにくいと言われるベートーヴェンを爽やかに聴かせてくれるという意味でも素晴らしい名演ですnote。2年前に書かれた有名な「春」の陰に隠れてしまいがちですが、ゆったりとした曲想の佳曲。特に穏やかな2楽章が私は好き。このコンビのソナタ全集は持っていたのですがあとから買ったヴァイオリン全集にも納められていました。でも2セットあって安心と思うほどの大事な宝物です。
   


   
 
   マメザクラだと思っていたらジュウガツザクラでしたcherryblossom
   10月にも咲くそうですが、この時期の可憐な白い花がいい。
   
 
 
Img_2513m

   


|

« 宝塚 | Main | シリコン スティーマー大活躍 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 宝塚 | Main | シリコン スティーマー大活躍 »