« ベートーヴェン 交響曲第7番 | Main | 親父ギャグ不発 »

February 16, 2013

ドビュッシー 「遊戯」

Debussy_la_merデュトワの指揮、モントリオール交響楽団の演奏。この曲が初演されたのはは100年前の1913年5月15日で、そのときの指揮者はピエール・モントゥー。歴史を感じさせますねぇ。バレエ音楽ですが、あらすじは「テニスをする3人の男女の恋の駆け引き」とか。ドビュッシーらしい雰囲気のあるステキな音楽ですが、ドラマを期待する観客には少々退屈だったかもしれない。2週間後には世紀のスキャンダル騒動を引き起こした「春の祭典」が初演されていますが、この指揮者もモントゥーでした。お疲れさまデス。
演奏はこういう曲にぴったりの相性を示すコンビなのでそりゃもう文句なし heart02。録音もすばらしい。
  


Img_2305r1m


|

« ベートーヴェン 交響曲第7番 | Main | 親父ギャグ不発 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベートーヴェン 交響曲第7番 | Main | 親父ギャグ不発 »