« 親父ギャグ不発 | Main | ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第9番変ホ長調 op.117 »

February 18, 2013

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第2番

Beethovenpc_guldaフリードリッヒ・グルダの独奏、ホルスト・シュタインの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。1970年頃の録音。グルダのベートーヴェンは3番、4番を持っていて特に4番はマイベストですが、やっと全曲聴けるようになりました。やはりというかウィーンフィルの伴奏で聴くベートーヴェンは抗し難い魅力がありますheart04。N饗ではお馴染みのシュタインも録音には恵まれずグルダとのベートーヴェンが代表作とは残念ですね。ウィーンフィル相手だからあれこれ指図はしないのでしょうが、重心の低い音楽作りはさすが若いときから現場でたたき上げた貫禄ですね。この録音当時はウィーン歌劇場の音楽監督だったということがその実力を示しています。ジャズまで手を広げたグルダもここでは実にオーソドックスな取り組みで文句のないできばえ note


寒い日が続くので気分転換に青い海の写真を
萩市の西にある角島大橋 息子がケータイで写したもの
  
 
Tsunosima


 

|

« 親父ギャグ不発 | Main | ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第9番変ホ長調 op.117 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 親父ギャグ不発 | Main | ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第9番変ホ長調 op.117 »