« アルビノーニ リコーダー協奏曲変ロ長調 op.7-3 | Main | モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216 »

January 16, 2013

ドヴォルザーク 交響曲第3番変ホ長調 op.10

Dvorak_a_davisアンドリュー・ディビスの指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏。1979年7月の録音。ディビスの品のある穏やかな指揮は大好きですが、できればBBC饗とのコンビで聴きたかった。もちろんフィルハーモニアはすばらしいオーケストラですが、いかにもイギリスらしいニュートラルな音色なのでドヴォルザークにはちょっと土俗性が不足気味、と言ったら贅沢でしょうか。エルガーやヴォーン・ウィリアムズで聴くBBC饗はもう少し深い響きでした。
さて、3番は作品番号も若く3楽章のいかにも習作といった作品ですが、この作曲家お得意の湧き出るようなメロディーはたくさん仕込まれていて、17分近い2楽章など交響曲としての構成的には問題があるにしても、うっとりと引き込まれるのも事実note。終楽章も軽快な木管を主役においてストレスなく進めるさまは手馴れた技といった趣です。
文句を言わずに聴きましょうhappy01
   
Img_2300rm

 

|

« アルビノーニ リコーダー協奏曲変ロ長調 op.7-3 | Main | モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アルビノーニ リコーダー協奏曲変ロ長調 op.7-3 | Main | モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216 »