« 朝のいっぱい | Main | 隣の国で買い物 »

January 29, 2013

モーツァルト ピアノ協奏曲第6番変ロ長調 K.238

ゲザ・アンダのピアノと指揮、ザルツブルグ・モーツァルティム室内合奏団の演奏。iTunesでモーツァルトのピアノ協奏曲全集を特価で買ったけれどあまり聴かなかったもの。環境が整うとiTunesで音楽を聴くのはなかなか快適ですheart02。長く愛用しているオンキョーのサウンドプロセッサーSE-U33GXもいい音に変換してくれてとても満足note
結構レパートリーの広いアンダの珍しい弾き振りですが、優れたオケのおかげもあってモーツァルトが20歳の時の若々しい作品を雰囲気豊かに聴かせてくれます。1960年代の録音ですがピアノの音が新鮮なのは当時のドイツ・グラモフォンの録音技術の素晴らしさですね。

   
Img_1393s

 

|

« 朝のいっぱい | Main | 隣の国で買い物 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 朝のいっぱい | Main | 隣の国で買い物 »