« メンデルスゾーン 無言歌 | Main | ハイドン 弦楽四重奏曲第61番へ短調 op.55-2 »

December 01, 2012

夫婦って?

英語で「夫婦」ってなんていうのかな、とかなり考えたけれど思い出せないthink ので調べたら「 married couple 」だそうです。うーん、もっと簡単な単語があってもよさそうなのになぁ。でも日本語の「フーフ」って言いやすいし簡単ですよねheart02

昔、子供が小さかったので奥さんではなく母親を連れてシンガポールへ行ったことがあります。これでも結構親孝行なんですよcoldsweats01
さて、イミグレーションでは係員がパスポートを身ながら「ツギャザー?」とルー大柴みたいに訊くので二人で「イエース!」であっさり通過。とにかく年配の女性にはとても丁寧な対応をしてくれるのがありがたかった。
さて、ホテルの部屋に入るとなんと大きなダブルベッドですimpact。苗字が同じで男女だから当然夫婦扱いなんです。すぐに代えてくれと言えばよかったのに結局そのまま一緒に寝る羽目にdespair
真ん中のへこんだ柔らかいベッドで、腰痛もちの私は腰が痛いし母親は夜中に何度もトイレに起きるのでよく寝られなかったgawk
神戸育ちの母親は外国人に慣れているので、ホテルの従業員に平気で日本語で「トイレどこですか?」なんて訊くのでひやひやしていたら、相手もちゃんとした日本語で応対するのでちょっと感心しましたnote
夫婦の話をしようと思ったら、今は亡き母親との笑い話を思い出してしまったhappy01
   
             


 

      
P1010098m


|

« メンデルスゾーン 無言歌 | Main | ハイドン 弦楽四重奏曲第61番へ短調 op.55-2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

narkejpさん

二人とも始めての海外旅行なので感激はひとしおでした。
母はパスポートを持ってから一人であちこち旅行して楽しんでおりました。
シンガポールは清潔な街で最初の海外旅行先にちょうどよかったです。
時差がほとんど無いのもいいですね。

Posted by: よし | December 01, 2012 at 06:39 PM

思わず爆笑しました。それは良い親孝行をされましたね。うーむ、平塚らいてうのように、若いツバメを連れた年配の女性に見えていたのかもしれません(^o^)/
シンガポールには、だいぶ前に妻と一緒に旅行したことがありますが、きれいな街だったという印象があります。でも、老人が街中を歩いていないのが不思議でした(^o^)/

Posted by: narkejp | December 01, 2012 at 04:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« メンデルスゾーン 無言歌 | Main | ハイドン 弦楽四重奏曲第61番へ短調 op.55-2 »