« エルンスト・ハース | Main | ケーブルビーチ »

December 17, 2012

モーツァルト ディヴェルティメント第15番 変ロ長調 KV287

Mozart_master久しぶりのCDはやはりモーツァルトで。最近ずっと聴いているものを。トーマス・フューリの指揮、カメラータ・ベルンの演奏。1989年11月の録音。この曲には「ロドロン伯爵家の夜の音楽」という副題もありますが面倒なのでいつものように詳細は省略coldsweats01。気になったのは、他のCDの演奏時間は45分ほどあるのにこの演奏は35分なので1,2,4楽章は少し省略されているみたい。2つのヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバス、2本のホルンという構成もチェロが抜けているのかな?まあ細かいことはともかく2楽章の変奏の妙味と、4楽章の何とも麗しい限りのアダージョを聴くと天国に遊ぶような気持ちになりますheart02。この楽章ばかりはモーツァルト以上でしょうね(笑)。これは絶対カラヤン好みだと思ったら案の定youtubeで聴くことができましたが、近々別の演奏でも聴けそうです。
   
    


  
  
 
P1020206m


  
   

|

« エルンスト・ハース | Main | ケーブルビーチ »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« エルンスト・ハース | Main | ケーブルビーチ »