« バッハ 平均律クラヴィア曲集第1巻 | Main | モーツァルト ホルン協奏曲第3番変ホ長調 K.447 »

November 19, 2012

食べ物のちから

徒然草に「筑紫になにがしの押領使など」というお話があります。押領使(おうりょうし)というのは今の警察みたいな役目ですが、健康に良いのだと大根を毎朝二切れ焼いて食べていたら、敵に襲われた時大根の精が二人の侍となって出てきて大活躍して助けてくれたというもの。
この話大好きなんですが、私の場合だと朝に困ったことがあったらきっと納豆の精が助けてくれるだろうし、夜なら絶対ビールの精がきっと大群で助けてくれると信じているのですheart04。いや発泡酒の精かなcoldsweats01
ちなみに、最近はキャベツと玉葱をスライスしたものにハムとキュウリを少しいれ、好みのドレッシングで和えたのが我が家の定番サラダです。ビール、ご飯、パンなど何にでもあうのでお薦めですgood
   
       
      
 

 


 

Img_0471s_2


              
             
 

|

« バッハ 平均律クラヴィア曲集第1巻 | Main | モーツァルト ホルン協奏曲第3番変ホ長調 K.447 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バッハ 平均律クラヴィア曲集第1巻 | Main | モーツァルト ホルン協奏曲第3番変ホ長調 K.447 »