« ショーソン 「詩曲」変ホ長調 op.25 | Main | 高雄山神護寺 槇尾西明寺 未到達 »

November 23, 2012

京都 栂尾 高山寺

「女ひとり」の歌詞にもなっている高山寺に行ってきました。栂尾(とがのお)と高雄、槇尾(まきのお)を京都左京区の三尾(さんび)といって紅葉mapleの名所であります。今回は観光バスに乗って楽チンするつもりでしたが、そうはいかなかったのは世の常かもthink
京都駅から出た観光バスは西本願寺や二条城を左に見ながら堀川通りを上がり、今出川通りを左折して北野天満宮、仁和寺の横を走ります。若い時から何度も行った京都ですが、バスbusの上からガイドさんの解説付きで見ると新たな発見があるので結構楽しいnote。特に立派な門や美しい瓦が印象的です。
    
   
 

仁和寺の近くにあった、瓦屋根のせぶんいれぶん
やっぱり京風でよろしおすなぁheart04
   
Img_0496m


高山寺は紅葉の名所なんですが、今年は時期が早くて行った時は最盛期を過ぎており、お天気も曇りだったので美しい紅葉を見ることはできなかったけれど山の中の落ち着いた雰囲気はいいものです。
 

  
P1010922m
  
   
ここは日本最古の茶園 
 

  
P1010927m

  

高山寺には国宝がたくさんありますが、有名な鳥獣戯画があるのがここ石水院。ただ、ここにあるのはレプリカで本物の鳥獣戯画は京都国立博物館にあるということで中には入らなかった。   
  

P1010926m


P1010931m


石水院横の参道ををさらに進むと開山堂と聖観音像が建っています
   

P1010933m
 

P1010934m
  
 

さて、開山堂の横の参道をさらに登ると本堂である金堂に行けるのですが、いかんせんここまでがかなり険しい石階段の参道で、時間がかかったうえ写真を写しながらチンタラしていたので、登るとバスの集合時間までギリギリ。ということで、金堂に上がる石段の手前で名誉ある退却を決意しましたとさcoldsweats01
いや、本当に高山寺へ登る裏参道は急で不規則な石の階段で、狭い場所ではすれ違いに怖い思いをしたぐらい。
もう山登りに近いかもしれないpunch


続きはまた明日


|

« ショーソン 「詩曲」変ホ長調 op.25 | Main | 高雄山神護寺 槇尾西明寺 未到達 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ショーソン 「詩曲」変ホ長調 op.25 | Main | 高雄山神護寺 槇尾西明寺 未到達 »