« 嵯峨野 二尊院 清涼寺 | Main | うれしいプレゼント »

November 26, 2012

ブラームス 交響曲第1番ハ短調 op.68

Kajan_legendカラヤン、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。1959年の録音。デッカとRCAとのバーターで当初RCAから発売されたものだけど、録音技術陣はデッカなので今でも充分鮮明な音で聴けます。あの帝王カラヤンでもウィーンフィルを相手にすると完璧に押し付けることはしないので、何となくふんわりとした色調になるのが楽しいnote。この演奏もウィンナブラームスといった趣で、逞しさは影を潜めロマンチストのブラームスを聴くことができます。そういう意味で陰鬱なブラームスはイヤ、という人にはお薦めかもしれない。テンポも早めのスタイリッシュなもので4楽章の追い込みも圧倒的だけどいくぶん余裕のあるところがいいheart02
久しぶりにブラームスが聴きたくなってこれを選んだのが正解。
                   
                   
      


 


P1000106m


                

|

« 嵯峨野 二尊院 清涼寺 | Main | うれしいプレゼント »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 嵯峨野 二尊院 清涼寺 | Main | うれしいプレゼント »