« ドヴォルザーク 管楽セレナードニ短調 op.44 | Main | ハイドン 弦楽四重奏曲第77番ハ長調 op.76-3 「皇帝」 »

November 16, 2012

NHK 朝ドラ

NHKの朝ドラは録画して、夜ゆっくり見ています。ただ、今放映されている「純と愛」は、なにやらけたたましい主人公とよく分からない周囲の人物設定など最初どうなるかと思っておりましたsign02が、最近どうやらこの不思議世界にも慣れました。常識で考えられない主人公たちの行動がそれなりの結果(改革)を生むということなんでしょうcoldsweats01。相変わらず、ガラの悪い人は大阪弁をしゃべり、ステキな男や女は標準語という放送上のことば差別(?)は気になるけれどthink。大阪が舞台にしては各人の言葉もバラバラだけど、これはあまり気になりません。下手な大阪弁を使われるよりはずっといいです。愛の妹の言葉も神戸の言葉というより大阪弁に近いし。
大阪弁といえば、昔の人気朝ドラ「ふたりっ子」でお母さん役を演じた手塚理美さんの大阪弁はとても自然でお上手でしたnote。東京生まれの方ですが、ものすごく練習したそうです。役者の鑑ですね。

仕事中にNHKから電話を受けたことがあります。
NHKといってもNHK〇〇といった制作会社さんで、取り扱っていた高価な計測器を使わせてくれないかというお願いでした。すぐに担当の営業にデモの可否の連絡の依頼をして落着。
しかし「NHKですが」と切り出されると、思わず「ハイ!」と緊張するのはお上に弱い日本人の体質でしょうか(笑)。
 


  


         
 
Img_0488m


|

« ドヴォルザーク 管楽セレナードニ短調 op.44 | Main | ハイドン 弦楽四重奏曲第77番ハ長調 op.76-3 「皇帝」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドヴォルザーク 管楽セレナードニ短調 op.44 | Main | ハイドン 弦楽四重奏曲第77番ハ長調 op.76-3 「皇帝」 »