« 食べ物のちから | Main | ラフマニノフ パガニーニの主題による変奏曲 op.43 »

November 20, 2012

モーツァルト ホルン協奏曲第3番変ホ長調 K.447

Karajan_emiデニス・ブレインの独奏、カラヤン、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。1953年の録音。個人的に大好きな曲で、これが最高の演奏だと信じているもの。一応音にこだわってきた私がモノラル録音の新譜のCDを買ったのはこの演奏だけ。カラヤンのBOXに入っているものはリマスターで聴きやすくなっているのがありがたいnote。演奏については今更あれこれ言うまでも無く、美しい音でよく歌いかつ技巧も駆使してまさに天衣無縫といっていいもので、ホルンでスタッカートやトリルをこれだけ自由にやられたら聴く方は目を丸くしているだけです。天才の常と言ってはいけないけれど36歳での死は惜しむに余りあります。きっと天国でモーツァルトに抱きつかれているでしょうねheart01
               
                     
      

   


         
    
Img_0424m

              
            


|

« 食べ物のちから | Main | ラフマニノフ パガニーニの主題による変奏曲 op.43 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 食べ物のちから | Main | ラフマニノフ パガニーニの主題による変奏曲 op.43 »