« NHK 朝ドラ | Main | バッハ 平均律クラヴィア曲集第1巻 »

November 17, 2012

ハイドン 弦楽四重奏曲第77番ハ長調 op.76-3 「皇帝」

Haydn_sqエオリアン弦楽四重奏団の演奏。オーストリアの国歌として作曲した旋律を2楽章に取り入れ「皇帝」の名前が付いたことでポピュラーになった曲ですが、穏やかで品格ある旋律は覚えやすく、名曲になったのも当然でしょう。また、先の大戦以後ドイツ国歌として使われたこともご存知のとおりです。2楽章以外ではハイドンにしては珍しく、メヌエットより一瞬ベートーヴェンを思わせる4楽章が聴き応えありますnote。エオリアン四重奏団の演奏はもう少しきりっとして欲しいところだけど、これしか持っていないのでまあいいか(笑)。
          
                
            


 

   

            
Img_0478m

|

« NHK 朝ドラ | Main | バッハ 平均律クラヴィア曲集第1巻 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« NHK 朝ドラ | Main | バッハ 平均律クラヴィア曲集第1巻 »