« 万博自然公園 秋 | Main | ハイドン 弦楽四重奏曲第75番 ト長調 op.76-1 »

October 09, 2012

マーラー 交響曲第3番ニ短調

Mahler_lbバーンスタインの指揮、ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏。1961年4月3日、バーンスタイン42歳のときの録音。100分もの大曲を1日のテイクで収録できたということは万全の準備があってのことだろうか、なんて思ってしまうけれど、出来ばえは申し分ないほど見事な演奏note。マーラーが日の目を見たのは、バーンスタインのおかげと言ってもいいほど早くから大曲を録音して、一種のブームにまで持っていった功績は大きいです。その中でもこの3番は私の大好きな曲heart02。8本のホルンで始まる1楽章を聴いただけで、すぐにマーラーのメルヘンな世界に浸ることができます。天国に遊ぶような2楽章ののんびり歌い続けるポストホルン、5楽章の児童合唱など、ウィーンフィルの指揮者のかたわら作曲を続けた多忙きわまる作曲家の安らぎを求める魂の声かもしれません。オーソドックスに堂々と盛り上げる6楽章のフィナーレはやはり感動的。
時々荒っぽいニューヨークフィルも、指揮者に完全に同化したように恐ろしいばかりの演奏能力見せ付けてくれます。LP時代に2番と共に買ったけれど、改めて音の良いCDで聴いて感銘を新たにしましたgood

   
       
 

   
                   
         
Img_2036m


|

« 万博自然公園 秋 | Main | ハイドン 弦楽四重奏曲第75番 ト長調 op.76-1 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 万博自然公園 秋 | Main | ハイドン 弦楽四重奏曲第75番 ト長調 op.76-1 »