« O・ヘンリ 「賢者の贈り物」 | Main | ブラームス 「眠りの精」 »

October 25, 2012

スメタナ 交響詩「モルダウ」

Dovorak_smetanaカラヤンの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。1985年5月の録音。ドヴォルザークより17歳年上のスメタナが、晩年聴力を失ってから7年かけて作曲した6つの連作交響詩「我が祖国」の中で、というより数多の管弦楽曲の中でもメロディーの美しさではトップクラスの名曲note。何度も録音しているカラヤンですが、さすがにウィーンフィルとの演奏は際立って美しいもので、中間部での月光の下で水の精が遊ぶ緩やかな流れのシーンなど夢のようheart02

さだまさしが歌詞を付けて歌っているのを聴いたことがあるのですが、恥ずかしながら題名を知りませんcoldsweats01
              
          


 


万博日本庭園の池

            
Img_2203m

|

« O・ヘンリ 「賢者の贈り物」 | Main | ブラームス 「眠りの精」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

森のそまびとさん

早速ありがとうございますhappy01
「男は大きな河になれ」ですね。
さすがにさだまさし、上手に歌にしています。
「モルダウ」も山のせせらぎが集まり次第に大きな流れとなる、という筋書きですからぴったりですね。
次郎物語はラジオ放送もあったのをかすかに覚えています。

Posted by: よし | October 26, 2012 at 02:28 PM

よしさま、

「男は大きな河になれ」
http://www.youtube.com/watch?v=zkN4gz0iPME
ではないかと思われます。『夢回帰線』(ゆめかいきせん)1987年7月25日発表のソロ12枚目のアルバムに収録されています。映画『次郎物語』主題歌。曲はベドルジハ・スメタナの連作交響詩『わが祖国』の第2曲「モルダウ(ヴルタヴァ)」の主題である。映画全体のテーマにこの曲を選んだために、これを上回る自作を作るのは無理だと判断し、「不遜は承知」でスメタナの曲に詩を添え、旋律を日本風に改変する形をとることにしたもの。(WikiPediaより抜粋)-とあります。イントロが長谷川きよしさんの「黒の舟歌」に似ています。
http://www.youtube.com/watch?v=0aJmdG4bQeA
原曲は野坂昭如さんで歌詞が少し違います。
http://www.youtube.com/watch?v=DXhdgOI_tXk&feature=related

Posted by: 森の杣人 | October 26, 2012 at 10:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« O・ヘンリ 「賢者の贈り物」 | Main | ブラームス 「眠りの精」 »