« モーツァルト 2つの行進曲 ニ長調 K.335 | Main | 宙(そら)の月光浴 »

October 02, 2012

ヤナーチェク ピアノソナタ 「1905年10月1日」

Janacek_pianoホーコン・アウストボのピアノで。2004年1月の録音。2楽章のピアノソナタだけど、作曲のきっかけとなったのが、1905年10月1日のブルノのチェコ語大学でのデモによる死亡事件なのでこういう題名になっています。曲全体を支配する飛び跳ねるような開始が、いかにもヤナーチェクだなと思うのと、切れ切れながらも押し殺した暗い情念のような旋律が延々と続く不思議なムードがたまりませんheart02。立体的な構成美あふれる独欧音楽や、粋なセンスで一杯のフランス音楽とは遥か正反対に位置するような曲ですが、何ともいえない魅力があるのも事実ですnote
   
      


 

          
      
彼岸花のアップは結構インパクトがあるので控え目にcamera
135mmの単焦点レンズなのでピントの切れ味はいい感じgood
        

            
 
Img_2067r1s

    
           

|

« モーツァルト 2つの行進曲 ニ長調 K.335 | Main | 宙(そら)の月光浴 »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト 2つの行進曲 ニ長調 K.335 | Main | 宙(そら)の月光浴 »