« ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番ニ短調 op.30 | Main | 万博公園 秋のバラ »

October 12, 2012

モーツァルト ディヴェルティメント第17番ニ長調 KV334

Mozart_masterフローりアン・ヘイエリックの指揮、マンハイム・プファルツ選帝候室内管弦楽団の演奏。独奏ヴァイオリンはオルガ・ノデル。2002年の録音。えらく難しいオーケストラの名前だけどドイツ語の名前を直訳したらこうなるみたい。ウェブサイトはここ
おそらくモーツァルトのディヴェルティメントの中で最も有名な曲で、特に3楽章の典雅なメヌエットは、誰でもご存知でしょう。また、もうひとつある5楽章のメヌエットも優美かつ軽やかなもので、カラヤンなど羽毛がそよ風に漂うがごとく演奏しています。でも、私が一番好きなのは1楽章の主題を変奏していくしっとりとしたニ短調の2楽章で、特に独奏ヴァイオリンと、シンコペートする低弦のピチカートのからみがステキheart02
最終の6楽章は、元N饗の鶴我さんがとても苦労する、と書かれていましたが、結構サッサと片付けているのは少人数だからか、とても優美で流麗そのものnote。ピリオド奏法のオケですが、結構速いテンポで颯爽としたいい演奏です。
           
                
                  



         

スカイツリーに昇った友人のお土産。スヌーピーの携帯マスコットですが、展望回廊限定なので、貴重品です。左の絵葉書は別の友人に頂いたもの。本当にありがたいですねぇhappy01

Img_0354s


   


               
 

                    


|

« ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番ニ短調 op.30 | Main | 万博公園 秋のバラ »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番ニ短調 op.30 | Main | 万博公園 秋のバラ »