« ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第5番ヘ長調 op.24 「春」 | Main | ラヴェル 「クープランの墓」 »

September 18, 2012

映画 「天地明察」

久々に封切り映画を見てきました。例によって友人のお薦めです。
代々、将軍に囲碁を教える名家に生まれながら、囲碁よりも星の観察や数学の解読に夢中であった安井算哲は、会津藩主の命を受け、日本全国で北極星の高度を測り、その土地の位置を割り出す北極出地を命じられます。しかし測定結果を調べるうちに暦がずれている事に気づき、徳川光圀の強い意思で何年もの歳月をかけて正しい暦を作り出すというお話。
高名な算術家の関孝和との出会い、組み立て式の天測器を荷車に積んで全国を廻るという観測隊の労苦、暦の改正を拒む反対派や朝廷との争い、そして夫婦の絆もきちんと描かれていて申し分ないほど良く出来た映画ですnote。お互い、先に死ぬな、と言っていた算哲と妻えんが、同じ日に亡くなったという最後の解説にはついポロリと鼻水が出ちゃいましたぜcrying

算哲を演じる岡田准一、妻「えん」の宮崎あおい、光圀の中井貴一、会津藩主保科役の松本幸四郎など豪華な配役もすばらしく、特に時代劇での貫禄十分の中井貴一に負けない迫力で演じた岡田准一は敢闘賞もの。宮崎あおいのここぞという時の肝の据わった演技は、薩摩で身に付けたかな(笑)。
地味なテーマだけど、結構ダイナミックな展開を見せるのと、最後の「暦勝負」の盛り上げかたもすばらしいheart02

超お薦めの映画good

           
        
    
P1010205s

       
     

             
                 
      

|

« ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第5番ヘ長調 op.24 「春」 | Main | ラヴェル 「クープランの墓」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第5番ヘ長調 op.24 「春」 | Main | ラヴェル 「クープランの墓」 »