« テレビ版「みをつくし料理帖」 | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調 KV466 »

September 13, 2012

シューマン ヴァイオリン協奏曲ニ短調

Schumann_wsフランク・ペーター・ツィンマーマンの独奏、ハンス・フォンクの指揮、ドレスデン・シュターツカペレの演奏。1992年6月の録音。同名の超人気ピアニストに比べるといくぶん影の薄いヴァイオリニストだけど、この録音時はまだ27歳と将来を期待されている若手だったことを証明するような演奏。ヨアヒムのために書いたけれど、演奏されずに長い間お蔵になっていたため作品番号も無いという可哀想な曲ですが、いたるところにシューマンの「響き」を聴くことが出来るのとドレスデンのオケを始めオールドイツ純正の演奏者なのもさらに魅力的note。いくぶん構成力が弱いきらいはあるけれど、この作曲家特有のファンタジーが溢れる佳曲。
         


             

 
 
P1000786s

|

« テレビ版「みをつくし料理帖」 | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調 KV466 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テレビ版「みをつくし料理帖」 | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調 KV466 »