« ショスタコーヴィチ 交響曲第7番ハ長調 op.60 | Main | マーラー 「大地の歌」から »

September 29, 2012

木曽路 奈良井宿

昔の写真が出てきました。
黒白写真を始めた頃で、フィルムの現像はしても引伸ばし器が無かったので、DPE屋(懐かしいことば)さんに出したものです。

車で恵那市から国道19号線で塩尻へ行く途中、奈良井宿へ寄って写したのでしょう。現在も営業している徳利屋(とっくりや)さんです。
この中山道は島崎藤村の生まれた中津川の妻籠や馬籠など有名な宿がありますが、奈良井の宿もいい雰囲気でした。ちなみにこうした由緒ある建物の前は、当時でもカメラマンが一杯たむろしていたので、人影の無くなるのを待つのたいへん。

カメラは多分キャノンのFTb、レンズはこの画角なら50mm、F1.4です。のちに引き伸ばし器を買いましたが、エアコンの無い時代で、夏場は現像液の温度調整をするのが一苦労でした。
       
 

何とも時代物の灯篭に「藤村先生(島崎藤村)がこよなく愛したいろりばたでご休憩下さい」と書かれています。

   
    
Magome_2


|

« ショスタコーヴィチ 交響曲第7番ハ長調 op.60 | Main | マーラー 「大地の歌」から »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ショスタコーヴィチ 交響曲第7番ハ長調 op.60 | Main | マーラー 「大地の歌」から »