« ストラヴィンスキー バレエ「妖精のくちづけ」 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 K575 »

September 25, 2012

バーバー 弦楽のためのアダージョ op.11

Ormandy_boxユージン・オーマンディの指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏。1957年4月の録音。迷っていたオーマンデイのBOXセットを買ってしまった。20世紀の音楽特集と名づけるだけあってレパートリーにない曲も多く、この曲もLPで持っていた記憶があるだけでCDで聴くのは始めて。現代音楽嫌いのトスカニーニが初演をしたという名誉な曲ですが、有名になったのはJ・F・ケネディの葬儀に使われてからです。確かにただのアダージョというよりほぼエレジーといってもいい曲調なので悲しい場面に打ってつけなんでしょう。端正で上品な曲なのでクラシックを敬遠しがちな方もこの曲には感動すると思います。アダージョ好きのカラヤンが録音していないのは不思議ですが、そういう時はオーマンディに任せれば問題なしheart02

私もですがこれだけ聴いてバーバーが理解できるはずもありませんがCDを持っていないのも事実でチト悲しい。あっヴァイオリン協奏曲はありましたnote
    
           


            

 
                 
                  
  

梅田のキャノンサロンで。
カメラの展示ブースで新しい器種を触っても呼ばない限りあれこれ言われないのがありがたい。でもきれいなお嬢さんばっかりなのでつい呼んでしまうのがオッサンの悲しさcoldsweats01
KissX6iはタッチで露出補正が出来るのがgoodgood
   

          
Img_0256m


|

« ストラヴィンスキー バレエ「妖精のくちづけ」 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 K575 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ストラヴィンスキー バレエ「妖精のくちづけ」 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 K575 »