« バーバー 弦楽のためのアダージョ op.11 | Main | ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調 op.67 »

September 26, 2012

モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 K575

Mozartqabアルバン・ベルク四重奏団の演奏。1989年の録音。プロシア王セットと呼ばれる3曲の1つ。解説書に調性が記されてないけれど、2楽章以外はすべてニ長調。晩年の作品だけあって終始とても落ち着いた雰囲気で統一されているのがいいnote
4楽章の主題が41章の主題が似た感じだけどその後のチェロを使った展開がみごとなのがさすがモーツァルト。
アルバン・ベルクのアンサンブルも鉄壁heart02
          
 

               
                    
 

                    
9月とはいえ強い日差しで空と木陰とのダイナミックレンジが精一杯。
      

   
P1010794r1m


|

« バーバー 弦楽のためのアダージョ op.11 | Main | ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調 op.67 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バーバー 弦楽のためのアダージョ op.11 | Main | ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調 op.67 »