« スクリャービン エチュード 嬰ニ短調「悲愴」 op.8-12 | Main | 「Together」 »

August 19, 2012

チャイコフスキー 「雪のワルツ」

Nutcracker2アンドレ・プレヴィンの指揮、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、アンブロジアン合唱団の演奏。1986年の録音。昨日午後の激しい雷雨thunderのおかげで夜から今朝方にかけて涼しくなったけれど、昼間sunはやはり暑い。ということで、少しでも涼しい音楽を聴こうと選んだのが「くるみ割り人形」。それも全曲を聴くのはしんどいので1幕の終わりに演奏されるこの部分だけという手の抜き方(笑)。王子とクララがお菓子の国へ行く途中の森の中で、雪の王様と女王が踊る何とも幻想的な場面で、思惑通り聴いていて爽やかな気分になりましたnote


島根の友人からシリーズ本の続きをたくさん贈ってpresentいただきました。先週は豪雨の心配までして頂いたり本当にありがたいことです。私も島根を心より応援していますgood
   
    


 
Img_1421s

          
           

|

« スクリャービン エチュード 嬰ニ短調「悲愴」 op.8-12 | Main | 「Together」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スクリャービン エチュード 嬰ニ短調「悲愴」 op.8-12 | Main | 「Together」 »