« マーラー 交響曲第1番 ニ長調 | Main | チャイコフスキー 「眠りの森の美女」 op.66 »

August 28, 2012

独身生活

奥さんが同窓会と帰省を兼ねて3日間萩へ帰っていました。その間、日持ちのするおかずを作って冷蔵庫に入れてあったのなどを食べて過ごしましが、食べ物にそれほど執着が無いのと好き嫌いが無いので3日間なら平気で過ごせます。食後の洗いものが苦手なので、できるだけ食器を使わないように工夫をしましたが、基本的に夜のビールがおいしくいただければGOODgoodという単純な性格がこういうときはありがたいhappy01
でも、さすがに帰ってきた夜は久しぶりの野菜やおかずが食べられてそれは幸せでしたよheart02
   

奥さんの実家は来月稲刈りということで、80歳を越えた義父が、猪を脅かすための爆竹impactやライトをセットしていたそうで、山の中の田圃は夜中に出没する野生動物の対策にたいへんです。街中で走り廻って嫌われる暴走族の方もここまで出張して夜中に山道を駆け回ってくれればとても感謝されますよ。ただしケータイが圏外なので事故を起こさないように注意してねcoldsweats01
   
    

    
萩の観光ホテルからの眺め

   
Img_0653m


|

« マーラー 交響曲第1番 ニ長調 | Main | チャイコフスキー 「眠りの森の美女」 op.66 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

narkejpさん

熊はこわいですね。
猪は根菜類を猿は米を狙ってきます。猿はばあちゃんが出て行っても逃げず、じいちゃんなら逃げ出すというずる賢しさだとか。鶏を飼っていた時はキツネに襲われたりいやはや里山は大変ですconfident

Posted by: よし | September 04, 2012 at 08:49 AM

里山の衰退で、野生動物の侵入を防いでいた境界線が破れてしまったようですね。当地でも、ときどき熊さわぎが起こります。小学校の授業中に熊なんて、ぞっとします。
我が家でも、サクランボのシーズンには鳥よけの爆音機を使っていましたが、父の死後は使い方がわからず、そのまま作業小屋内でホコリをかぶっています(^o^;)>poripori
猪は、福島あたりが北限でしたが、最近は温暖化の影響か、山形にもいるとかいないとか。でも、主役はニホンカモシカとサルとツキノワグマでしょうね~。

Posted by: narkejp | September 04, 2012 at 06:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マーラー 交響曲第1番 ニ長調 | Main | チャイコフスキー 「眠りの森の美女」 op.66 »