« ヴィヴァルディ チェロ協奏曲イ短調 RV418 | Main | ワーグナー 「ワルキューレの騎行」 »

August 11, 2012

スメタナ 「わが祖国」から「高い城」

Smetana2イジー・ビエロフラーベクの指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏。1988年5月12日、「プラハの春 '88」音楽祭でのライブ録音。この音楽祭は、スメタナの命日である5月12日にこの連作交響詩の演奏で開かれますが、このときの録音から1年半後に「ベルリンの壁」が壊され、チェコにもいわゆる「ビロード革命」が起こり民主化されたのです。そういう歴史の狭間での録音であることを考えると、スメタナの音楽には何の変わりがなくても感慨深いものがあります。チェコやハンガリーのように、戦車で簡単に国境を越えられない日本はありがたいと思いますが、時によっては許可無く不法入国してくる不届きな輩もいて、まったく困ったものですangry
         
                 

                

今日はお墓参りでしたが、曇り空cloudで暑くなかったのがありがたかった。
 

                
                 
Img_1971r1m

      

|

« ヴィヴァルディ チェロ協奏曲イ短調 RV418 | Main | ワーグナー 「ワルキューレの騎行」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヴィヴァルディ チェロ協奏曲イ短調 RV418 | Main | ワーグナー 「ワルキューレの騎行」 »