« 有川浩 「塩の街」 | Main | マーラー 交響曲第1番 ニ長調 »

August 26, 2012

モーツァルト ピアノソナタ第3番変ロ長調 KV281

Mozart_masterクララ・ヴュルツの独奏で。1998年の録音。6曲セットで「デュルニッツ・ソナタ」と称されるモーツァルト最初期のピアノソナタ。19歳という彼にすれば以外に遅い年齢での作曲なのは訳があるそうだけど面倒なので省略(笑)。ハイドンの影響も少し見られるけれど、モーツァルトの才気が充分に味わえるシンプルで魅力的なソナタです。15分ほどの長さなので、暑いときにはこういった清涼剤的名曲を聴くに限りますnote
   
  
  


  

                 
写真の手持ちが無く、以前のを引っ張り出しているので季節感がメチャクチャcoldsweats01

  
Img_1432m


|

« 有川浩 「塩の街」 | Main | マーラー 交響曲第1番 ニ長調 »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 有川浩 「塩の街」 | Main | マーラー 交響曲第1番 ニ長調 »