« ブルックナー 交響曲第6番イ長調 原点版 | Main | レスピーギ 「ローマの噴水」 »

August 03, 2012

ハイドン 交響曲第94番 ト長調

Hydon_lbバーンスタインの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。1985年10月の録音。曲のセレクトのわけは前回の記事に基づきます(笑)。演奏のチョイスを考えたんですが、この曲の好きな演奏ってあまり持っていないので間違いのなさそうなウィーンフィルを選択しました。なにせ「びっくり」というニックネームが付いている2楽章をカラヤンやニューヨークフィルとのバーンスタインのように本気でやられると耳が痛いのですよ(笑)。こういうところウィーンフィルは本質的にハイドンのユーモアを理解できるのか実に上手ですnote。いつもながらとってもチャーミングな3楽章のメヌエットを聴くと本当にハイドンっていいなと思いますheart02
   
              
      

 

                   
              
これも前回のコメントがらみの写真です
     

 

    
P1000601m

|

« ブルックナー 交響曲第6番イ長調 原点版 | Main | レスピーギ 「ローマの噴水」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

リベラ33さん

ハイドン94が京都では「重鎮」なんですか!
もう宝くじCMのジミーちゃん状態ですcoldsweats02

Posted by: よし | August 04, 2012 at 01:29 PM

そうそうこの提灯ですね。ちなみに提灯の下には龍の彫刻がされていますよ。

http://blog.livedoor.jp/ormandy/archives/51185124.html

そういえばハイドンの94番を我々は「驚愕」と言いますが、京都の方では「重鎮」ということご存知でしたか?

Posted by: リベラ33 | August 04, 2012 at 02:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブルックナー 交響曲第6番イ長調 原点版 | Main | レスピーギ 「ローマの噴水」 »