« レスピーギ 「ローマの噴水」 | Main | バルトーク 組曲「中国の不思議な役人」 »

August 05, 2012

アルヴェーン スウェーデン狂詩曲第1番「夏至の徹夜祭」

Img_0030sシャルル・デュトワの指揮、モントリオール交響楽団の演奏。日本では梅雨に入った頃だけど緯度の高いこの地では1日中太陽が沈まない時期なので、それはもう毎日が徹夜みたいな状態なんでしょう(笑)。いや、笑い事ではなく、1年の大半の日々が太陽の昇らない国では最も明るく楽しいこのときを精一杯楽しむという気持ちは日本人には分からないと思う。特に今の時期は、ですsunsun
さて、演奏はこのコンビ特有の穏やかで上品なもので、嫌味の無い爽やかなものです。曲の開始すぐにクラリネットで軽快な主題が奏されてから次々と他の楽器で変奏されてマッシブなお祭騒ぎに発展する様子がなかなか楽しいnote。しっとりとした中間部のハープをバックにしたイングリッシュホルンの効果もすばらしいheart02
                
             
                  
         


  


             
ついでに上野を出てアメ横に行く途中も
詳しい道筋は忘れましたcoldsweats01    
 


P1000614m_2


|

« レスピーギ 「ローマの噴水」 | Main | バルトーク 組曲「中国の不思議な役人」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« レスピーギ 「ローマの噴水」 | Main | バルトーク 組曲「中国の不思議な役人」 »