« シューベルト ピアノソナタ第13番 イ長調 D664 | Main | ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調 op.60 »

July 03, 2012

有川 浩 「空の中」

映画にもなった「阪急電車」の作者の2作目で所謂「自衛隊3部作」のひとつ。題名で分かるように航空自衛隊が出てくるけれど、内容はUMA(未確認生物)を扱ったSFもの。ちゃんと2組の男女の恋愛ムードも上手く絡み合って話が進んでいくあたりとても2作目とは思えない出来ばえ。空に浮かんでいるUMAについて理屈で考えると行き詰るので、とにかく読み進んでいくと最後はそれなりのクライマックスがあって2組の男女もいい感じに収まってメデタシとなりますnote
男、特に大人の男性の描き方が甘くてちょっと違和感があり、女性目線だなぁと思うのと逆に女性の意地悪さは見事なものがあります。作者の出身地である高知での出来事が出発点なので、女子高校生と近所に住む老人の土佐弁が実にナチュラル。特に、この老人の土佐ことばが奥深く説得力があるので話に奥行きが生まれました。会社にも純正土佐弁のおんちゃんがおりましたので、アクセントやニュアンスが良く分かって楽しかった。土佐弁の分かる人には特にお薦めです。
                  
     


 
Sora


|

« シューベルト ピアノソナタ第13番 イ長調 D664 | Main | ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調 op.60 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シューベルト ピアノソナタ第13番 イ長調 D664 | Main | ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調 op.60 »