« 金子みすゞ物語 | Main | 神戸港 Voyager of the Seas »

July 13, 2012

ヘンデル オルガン協奏曲第3番 ト短調 op.4-3

Baroque_60コレギウム・アウレウムの演奏、オルガンはルドルフ・エヴァーハート。1967年の録音。正式名はオルガンとヴァイオリン、チェロ、2本のオーボエそして弦楽のための協奏曲と記されています。ハープ協奏曲として編曲されている6番が圧倒的に有名なんだけれど、この3番などもいかにもヘンデルといった雅さがいっぱいでバロック時代に遊んでいるような気分にさせてくれます。堂を圧するような響きではなく、やさしい気遣いに終始するオルガンもいいものですね。1分足らずの短い3楽章はチェロがソロを奏でるために用意されたのでしょうか。チャーミングな佳曲note
                 
                  
              



 
P1010037m

|

« 金子みすゞ物語 | Main | 神戸港 Voyager of the Seas »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 金子みすゞ物語 | Main | 神戸港 Voyager of the Seas »