« ハイドン 弦楽四重奏曲第38番変ホ長調 op.33-2 「冗談」 | Main | フレスコバルディ 「音楽の花束」より主日のミサ »

July 17, 2012

モーツァルト 交響曲第35番ニ長調 K.385 「ハフナー」

Mozart_walterブルーノ・ワルターの指揮、コロンビア交響楽団の演奏。1959年1月の録音。この録音に、4日間のティクをかけるという他の演奏家では考えられない丁寧さは高齢を考慮したとはいえワルターに対する敬意の表れでしょう。演奏は滋味溢れる温かさに満ちたもので、今更ながらワルターに参ってしまった私ですnotenote。何日か前にカラヤンの同曲を聴いて、なかなかやるじゃん、と思っていたのですが世の中そう甘くはありません(笑)。
36番以降のシンフォニックな曲ならカラヤンでもベームでも結構いけるんですが、35番の明るく祝祭的な気分を爽やかに醸し出すワルターがベストでしょうheart02
               
                  


 

                 
もう飽きるほど写したハスですが、何せ時期ものなので。
安いので買った望遠ですが、これだけ活躍するとは思わなかったcamera
 

               
 
Img_2027m


|

« ハイドン 弦楽四重奏曲第38番変ホ長調 op.33-2 「冗談」 | Main | フレスコバルディ 「音楽の花束」より主日のミサ »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハイドン 弦楽四重奏曲第38番変ホ長調 op.33-2 「冗談」 | Main | フレスコバルディ 「音楽の花束」より主日のミサ »