« ヘンデル オーボエ協奏曲第3番 ト短調 HWV 287 | Main | 自然の中で »

June 23, 2012

ヴィラ=ロボス ブラジル風バッハ第5番

Stokowskiアンナ・モッフォの独唱、ストコフスキーの指揮、アメリカ交響楽団の演奏1964年4月の録音。たいへん珍しい組み合わせだけど、美貌で知られたモッフォのほの暗く良くコントロールされた歌声に聴き惚れますnote。特に8本のチエロだけの伴奏というのがすばらしく効果的。同じCDに収められているラフマニノフの「ヴォーカリーズ」も神秘的な雰囲気がいっぱいで、こちらもモッフォのすばらしい歌声を堪能できます。
                   


EOSの標準ズームで百合の目一杯のマクロ撮影。例によって手持ちcamera

                     
Img_1905m

|

« ヘンデル オーボエ協奏曲第3番 ト短調 HWV 287 | Main | 自然の中で »

「声楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヘンデル オーボエ協奏曲第3番 ト短調 HWV 287 | Main | 自然の中で »