« 百合の台風避難 | Main | ヘンデル オーボエ協奏曲第3番 ト短調 HWV 287 »

June 21, 2012

ベートーヴェン 交響曲第2番 ニ長調 op.36

Beethoven_karajanカラヤン、ベルリン・フィルハーモニーの演奏。1984年2月の録音。カラヤン最後のベートーヴェン全集で、買うのを迷ったけれど結局それまでの全集と比べて最もオーソドックスな仕上がりとなっていて、ベートーヴェン全集のスタンダードといってもいいと思う。60年代の元気一杯の時代や70年代のピカピカの仕上げに比べるとずいぶん油気が抜けているけれど、もう禅僧みたいな心境になっていたのかもしれない。以前のようなスピード感は無くなったけれど落ち着いて聴ける自然体の演奏note
しかしyoutubeというのはありがたいもので、カラヤンが1959年にウィーンフィルを引き連れて来日した時の動画もあって、何とも若く笑いの絶えないカラヤンにビックリ。新婚のエリエット夫人がいたからかもしれないけれど後年の不機嫌な彼からは想像もできない。
                      

                       


           
Img_1867r1m_2


                   
                

         
         


         


      


|

« 百合の台風避難 | Main | ヘンデル オーボエ協奏曲第3番 ト短調 HWV 287 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 百合の台風避難 | Main | ヘンデル オーボエ協奏曲第3番 ト短調 HWV 287 »